ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

ご案内
rss atom

ご使用にあたって(化粧泥)

化粧泥は原則として生掛け(浸し掛け・流し掛け・刷毛目・化粧象嵌等)でご使用下さい。

素焼き素地に使用する場合、簡単な刷毛目や化粧象嵌は問題有りませんが、

浸し掛け及び流し掛けでは欠点が生じる可能性がありますのでご注意ください。

掲載の色見本は素焼き素地に刷毛塗りし、石灰透明釉を掛けて焼成してあります。

石灰透明釉以外の透明釉・乳濁釉・マット釉及び透明系の色釉等を使用しますと、

異なった発色を楽しむことができます。

色化粧は白化粧で薄めて濃淡をだしたり、化粧同士の混色も可能です。